冬期講習の料金はどれくらい?今年の学年別の相場を解説

お近くの塾の冬期講習を調べてみよう!
新型コロナウイルスに対する各塾対応について
政府より新型コロナウイルス感染予防のため学校休校の要請がありました。それに伴い各塾が独自に対応を講じております。詳しくは各教室のお知らせをご覧ください。

塾探しのお役立ち情報

冬期講習の料金はどれくらい?今年の学年別の相場を解説

公開日:2018年05月01日  更新日:2020年10月16日
61 1

みなさんは冬期講習の費用の相場をご存知ですか?

夏期講習の場合、8月は授業料がかからないケースが一般的ですが、冬期講習では通常の授業料とは別に講習費もかかるため12月や1月の月謝は通常月と比較して高くなります

そのため、年間の塾費用を計算する上で冬期講習のような季節講習費も想定しておくことが大切となりますので、このページでは学年別の冬期講習費の相場を解説します。

小学生の冬期講習の相場

まずは小学生の相場からみていきます。小学生の相場は、中学受験のために進学塾に通う場合の相場と、授業の予習・復習のために補習塾に通う場合の相場が異なりますのでそれぞれ解説します。

中学受験のために進学塾に通う場合の相場
小学6年生:5万円~7万円
小学4年生・5年生:2万円~5万円

学校の授業の予習・復習のために補習塾に通う場合の相場
小学4年生~6年生:2万円~4万円

地域によって人件費や土地代が異なりますので、あくまで目安として参考にしてください。

また、年末年始には冬期講習とは別に「正月特訓」という特別講座が用意されています。このような特別講座に参加する場合には5万円前後の費用が発生しますのでご注意ください。正月特訓の相場は中学生・高校生も同様です。
※小学生の冬期講習の特徴はこちら

61 2

中学生の冬期講習の相場

つづいて中学生の相場をみていきましょう。中学生の場合は、集団指導塾か個別指導塾かによって相場が異なりますのでそれぞれ解説します。

中学3年生
集団指導塾:4万円~7万円
個別指導塾:8万円~10万円

中学1年生・2年生
集団指導塾:2万円~3万円
個別指導塾:4万円~6万円

料金の傾向としては個別指導塾のほうが高くなります

また、個別指導といっても1対1形式か1対複数人の形式かどうかや、選択する講座数によって費用は大きく変動します。そのため、塾によっては20万円以上かかるようなケースもあるのでご注意ください。
※中学生の冬期講習の特徴はこちら

61 3

高校生の冬期講習の相場

高校生の冬期講習の相場ですが、高校生も中学生同様に集団指導塾と個別指導塾によって異なりますのでそれぞれみていきましょう。

高校3年生
集団指導塾:5万円~8万円
個別指導塾:6万円~13万円

高校1・2年生
集団指導塾:3万円~6万円
個別指導塾:4万円~7万円

高校生の場合、志望校によってセンター試験の有無や入試科目が異なりますので志望校次第では膨大な範囲の学習をする必要があります。

その場合に、特に個別指導塾では選択する講座数によっては費用が大きく変動しますのでご注意ください。
※高校生の冬期講習の特徴はこちら

61 4

さいごに

「小学生の冬期講習の相場」でも触れましたが、塾では冬休みの間に冬期講習とは別に正月特訓という特別講座は行っています。これは受験生向けに行われる特別講座で相場は5万円前後になります。正月特訓に参加する場合は冬期講習とは別に費用がかかりますので、冬期講習を検討されている方は正月特訓のような特別講座があることも把握した上で検討するようにしましょう。

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索