塾は無駄?塾通いを無意味にしないために大切なこととは?

おかげさまでサービス開始から1年半で5000件突破!

塾探しのお役立ち情報

塾は無駄?塾通いを無意味にしないために大切なこととは?

公開日:2019年06月10日  更新日:2019年06月10日
188 1

子どもを塾に通わせたけど成績が上がらなかったといった話を保護者の方から耳にすることがありますが、塾に通うことは無駄なのでしょうか?

また、塾に通って成績を上げるためになにか大切なことはあるのでしょうか。

そこでこのページでは塾通いを無駄にしてしまうよくあるケースと、塾に通わせて成績を上げるために大切なことについてご紹介します

塾に通っても成績が上がらない理由とは?

塾を無駄にしてしまうよくあるケースとして『塾の授業でしか勉強しない』ことが挙げられます。成績を上げるためには基礎知識を定着することや応用力を伸ばすことが大切ですが、残念ながら週1回から2回ほど塾の授業を受けるだけの学習量では足りません

また、勉強に対して受け身の姿勢になっている場合にも、成績の伸びは期待しづらいです。講師の説明を聞いているだけ、講師から言われたことをやっているだけでは知識も定着しづらく、自分自身で考える力を鍛えることも難しいといえます

個別指導塾には大学生講師が多いですが、大学生講師が原因となってしまっているケースもあります。大学生講師は社会人講師と比べると指導力や経験値がどうしても劣ってしまいますので、担当講師の指導力不足によって生徒の学力が思うように伸びないことがあります。

188 2

塾に通って成績を上げるために大切なこととは?

それでは成績を上げるためにはなにをすればいいのでしょうか?最も大切なことは日々『一定の勉強量』をこなすことです。塾の授業だけ勉強するのではなく、塾の授業がない日でも自宅や塾の自習室を利用してコツコツと勉強をすることが大切です。復習を繰り返すことで習ったことが知識として脳に定着していくためです。ただし、学習習慣を持てるまでには時間がかかりますので、最初は塾の宿題を必ずこなすなど、1日10分~15分程度でできることから始めるといいでしょう

ただしお子さん自らが進んで勉強するようになるためには、お子さんが勉強に自信を持てたり勉強を楽しめるようになる必要があります。そのため勉強のすべてを塾任せにするのではなく、家庭でできることは保護者の方が積極的にサポートしてあげることが大切です。

そのためお子さんが自信を持てるようになるまでは、宿題を隣で見てあげたり、苦手な単元の復習に付き合ってあげながら、お子さんが小さな成功体験を積み重ねていけるようにサポートしてあげましょう。どんなに小さなことでもいいのでお子さんをたくさん褒めてあげてください。

188 3

塾通いを無意味にしないためにはどのような塾を選ぶべき?

塾通いを無意味にしないためには塾選びはとても大切です。ここでは塾選びのポイントをご紹介します。

まず、塾に通って成績が上がるかどうかは担当講師とお子さんとの相性の良さで決まるといえます。当然、講師の質は高いほうがいいですが、大手塾であっても校舎ごとに講師の質や教室内の雰囲気は大きく異なりますので、ブランドで塾を判断するのではなく最寄りの校舎をよく調べてから判断するようにしてください。

次に、お子さんの学習面をしっかりとサポートするためには塾と保護者が協力体制を築くことが大切です。そのためには定期的な説明会や個別面談などコミュニケーションがとれる塾にしましょう。

そして入塾の判断をする前に『無料体験』を申し込むことおすすめします。実際の授業を体験してみて講師とお子さんとの相性、教室内の環境や雰囲気をみた上で慎重に入塾の判断をしてください。

188 4

さいごに

このページでは塾通いを無駄にしてしまうよくあるケースと、塾に通わせて成績を上げるために大切なことについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。塾代は決して安い金額ではありません。塾に通ってから無駄だったと後悔することのないように塾選びは慎重にしていただければと思います。少しでも参考になれば幸いです。

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索