塾に入ることのメリット・デメリットを解説! | 子供の塾選びをサポート【塾シル】

お近くの塾の夏期講習を調べてみよう!
おかげさまでサービス開始から1年半で5000件突破!

塾探しのお役立ち情報

塾に入ることのメリット・デメリットを解説!

公開日:2019年05月30日  更新日:2019年05月30日
185 1

お子さんを塾に通わせることを検討されている保護者の中には塾に入る前にメリットだけでなく、デメリットも正しく知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか

また、塾には個別指導塾と集団指導塾がありますが、塾のタイプ別にもメリットとデメリットがあります。

そこでこのページでは塾に入ることのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します

塾に通うことのメリットとは?

それでは塾に通うことのメリットからみていきましょう。まず、塾に通うことの最も大きなメリットは中学受験や高校受験といった受験のプロから正しい知識や勉強法、定期テストや入試で得点を上げるために必要なテクニックを学ぶことができる点が挙げられます。

また、最近では自習室を備えている塾が増えています。自宅ではなかなか集中して勉強することができないという生徒にとっては、自習室を利用することで塾の授業がない日でも集中して勉強に取り組むことができます

周囲の生徒たちの勉強への姿勢をみて自身のやる気を掻き立てることができる環境であることも塾の大きなメリットといえます。自宅で一人で勉強しているだけではモチベーション管理が難しい部分があります。続いて個別指導塾・集団指導塾のそれぞれのメリットをみていきます。

185 2

個別指導塾に通うことのメリットについて

個別指導塾では、お子さんの学力に合わせて学習計画を設計し指導をしてもらうことができます。お子さんのペースで勉強を進めることができ、講師にその場で質問をすることができるので安心です。

授業の日程も自由に決められるので部活動や習い事とも両立ができ、科目も1科目から選択できるので苦手科目だけ通うといった使い方もできます

185 3

集団指導塾に通うことのメリットについて

集団指導塾では、年間のカリキュラムが組まれているのでカリキュラムに沿って授業を受けていれば確実に受験に間に合うことができます

また、同じ学力の生徒たちと一緒に授業を受けるため友達も作りやすく、定期的に学力テストが実施されるなかでお互いに競争心を持ちながら勉強に取り組むことができます

185 4

塾に通うことのデメリットとは?

一方で、塾に通うことのデメリットとはどういったものがあるのでしょうか。

塾に通うには当然お金がかかりますが、お子さんが両親に塾へ通わされている状態だと残念ながら成績の伸びは期待できません。皆さんのまわりにも『子どもを塾に通わせているけど成績は前と変わっていない』と嘆いているママ友はいると思いますが、無理にお子さんを塾へ通わせてもお金が無駄になってしまう可能性が高いので、お金を無駄にしないためにもお子さんが自分の意思で塾へ通う環境を作ることが大切です

また、塾に通うと授業以外にも宿題が出されますので遊ぶ時間も少なくなります。遊べないことがストレスになってしまうことも多いので、お子さんがまだ小さい場合には保護者のサポートが必要となります。自宅から離れた塾に通わせる場合には、お子さんの安心・安全面も考慮しないといけません。続いて個別指導塾・集団指導塾のそれぞれのデメリットをみていきます。

185 5

個別指導塾に通うことのデメリットについて

個別指導塾は、授業料が集団指導塾より高い傾向にあります。特に、一般的な個別指導塾では講師一人につき3人から5人の生徒が同時に授業を受けますが、マンツーマン指導の塾では授業料がさらに高くなります。

また、個別指導塾には大学生のアルバイト講師が多いため社会人講師と比較するとどうしても経験値や指導力に差が生じてしまいます

185 6

集団指導塾に通うことのデメリットについて

年間のカリキュラムが決められているため塾の授業の進度に合わせなければいけません。そのためもっと先のことを勉強したい・ハイレベルな授業を受けたいといった場合には塾を変える必要があります。

また、授業についていけなくなってしまうと自力での克服が難しい点も挙げられます。一般的に集団指導塾では振替制度はないので、授業を休むとその分の授業を自分で復習しなければいけません。そのため塾に緊張感があることがメリットである一方で、授業についていけなくなってしまうリスクもあります。

185 7

塾に通う上での注意点について

ここまでは塾に通うことのメリット・デメリットをみてきましたが、ここでは実際に塾に通う上での注意点をみていきます。

まず、費用についてですが、実際に塾に通うとなると授業料以外にも様々な費用がかかります。入会金や教材費、模試代に諸経費などの費用のほかにも、夏期講習や冬期講習などの季節講習費もかかります。そのため、入塾後に後悔することのないように入塾前に年間でどれくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう

185 8

授業料は安く設定をして教材費や季節講習費を相場よりも高く設定している塾があることも事実ですので、授業料が安いからという理由だけで塾を選ばないようにしてください。

また、入塾は実際の授業を受けた上で判断することをおすすめします。多くの塾では無料体験を受けられますので、無料体験を通じて塾の授業や雰囲気、先生との相性をみた上で決めるようにしましょう。
参考)塾の無料体験ってどうなの?利用することのメリットや注意点とは?

185 9

さいごに

このページでは塾に入ることのメリットとデメリットをそれぞれご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。塾といっても個別指導塾と集団指導塾によっても、メリットやデメリットは大きく異なります。塾選びで失敗することのないようにそれぞれのメリットとデメリットを把握した上でお子さんに合った塾を選ぶようにしましょう。少しでも参考になれば幸いです。

資料請求(24時間受付・無料)
お近くの塾を探す優良な塾を厳選して掲載

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索