個人経営の塾の特徴とは?おすすめのポイントや注意点をご紹介

塾探しのお役立ち情報

個人経営の塾の特徴とは?おすすめのポイントや注意点をご紹介

公開日:2019年02月23日  更新日:2019年02月23日
個人経営の塾の特徴とは?おすすめのポイントや注意点をご紹介

塾といっても全国で展開している大手の塾もあれば、特定の地域だけで長い間やっている個人経営の塾もあります。

そのため塾を検討している保護者の中には、大手の塾と個人経営の塾でどちらにするか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこのページでは個人経営の塾の強みや向いている生徒の特徴、注意点をご紹介します

個人経営の塾の特徴とは?

それでは個人経営の塾の特徴からみていきましょう。まず、大手の塾が受験対策や進路指導を強みとしていることに対し、個人経営の塾では定期テスト対策や内申点対策を重視している傾向が強いといえます。このあたりは大手・個人と集団・個別の組み合わせによっても細かい特徴が異なりますのでこのページを参考にしてください。
参考)いい塾ってどういう塾?目的別の「いい塾」の見分け方を解説

また、個人経営ならではの強みとして生徒一人ひとりへのフォローも手厚く面倒見も良いです。そして月々の授業料も大手塾と比較すると安い傾向にあります

指導力という点ではどうでしょうか?個人経営の塾では塾長自らが指導するケースも多く、指導力は塾長の経歴や長年培ってきたノウハウによっても左右されます。そのため入塾前に塾長の経歴を確認するといいでしょう。

個人経営の塾の特徴とは?

個人経営の塾が向いている生徒の特徴について

続いて個人経営の塾が向いている生徒の特徴をみていきます。まず、勉強の仕方がわからない生徒や手取り足取り勉強を教えてほしいような生徒は個人経営の塾が向いているといえます。

また、家庭の状況によって塾にあまりお金をかけられない場合には、授業料の安い個人経営の塾も検討すべきです。ただし、費用面だけで塾を比較することには注意も必要となりますので気を付けてください。
参考)中学生の学習塾で安い塾はどういう塾?その特徴と注意点とは

大手塾では何事もシステム化されていますのでどうしてもきめ細かい対応が難しく、講師の目が行き届かないようなケースもあります。そのため大手塾で結果が出なかった場合には、転塾を検討する際には地域で実績のある個人経営の塾を検討してみてもいいでしょう

個人経営の塾が向いている生徒の特徴について

個人経営の塾を選ぶ上での注意点

一方で注意点はどういったものがあるのでしょうか?まず、個人経営の塾の中には難関校向けの進学塾として受験対策に特化している塾もありますが、多くの塾では受験対策を強みとしている訳ではありません

そのため学校の成績がオール4以上だったり、既に自学自習の習慣が身に付いている場合には必ずしも個人経営の塾ではなく、大手の進学塾を検討したほうがいい場合もあります。

また、個人経営の塾では塾長自らが授業を担当することも多いので、なにか不満があった場合に意見することが難しく、気軽に講師変更の要望ができる訳でもありません。そのため、塾を選ぶ際には塾長の人柄はお子さんに合うのか、理念や方針に共感ができるかといったことが大切となりますので、入塾を決める前に体験授業を受けた上でお子さんに合いそうかどうかを見極めることをおすすめします

個人経営の塾を選ぶ上での注意点

さいごに

このページでは個人経営の塾の強みや向いている生徒の特徴、注意点をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。個人経営の塾では塾長が教育への熱い想いや理念を持っているケースが多いので、是非その想いに共感ができるかどうかも含めて入塾の判断をしていただければと思います。少しでも参考になれば幸いです。