入塾テストに合格するための方法とは?対策と注意点を解説

塾探しのお役立ち情報

入塾テストに合格するための方法とは?対策と注意点を解説

公開日:2018年12月10日  更新日:2019年07月16日
入塾テストに合格するための方法とは?対策と注意点を解説

入塾テストを実施している塾では入塾テストに合格しないとその塾へ通うことができません。どうしても住んでいる地域で有名な進学塾に通いたいと思っている場合には、なんとしてでも入塾テストに合格をしてその塾に通いたいですよね。

それでは、入塾テストの内容とはどういったものなのでしょうか?またどのように対策をすればいいのでしょうか。

このページでは入塾テストに合格するための方法や対策、注意点を解説します。

入塾テストってなに?テストは難しい?

入塾テストといっても塾によって入塾テストの目的が異なります。入塾テストの目的は大きく分けて二つあり、難関校の合格実績が豊富な進学塾の場合には入塾可否のために行われます。そのため入塾テストの結果次第では入塾を断られることもあります。一方で、地域密着型の学習塾や定期テスト対策のフォローが中心の補習塾で実施される入塾テストは学力診断も兼ねて行われるケースが多いです。そのため、極端に結果が悪くない限りは受け入れてもらえる可能性が高いといえます。

そのため入塾テストを実施している進学塾に通うためには入塾テストで合格しなければいけませんので、入塾テストで合格するための対策をする必要があります。

特に、塾で実施される入塾テストと学校で行われるテストでは違いがありますので注意が必要です。まず学校のテストとは違って決められた範囲で出題がされる訳ではなく、今の学年で習っていることも含めてこれまで学校で教わってきたことの中から出題がされますので範囲が膨大です。また、塾によっては出題数が多く時間も決められているので時間内で効率良く解かなければいけません。

入塾テストってなに?テストは難しい?

入塾テストの対策方法とは?

まず、事前に塾から試験科目が伝えられていると思うので試験科目を確認してください。その上で、最低でも今の学年で習っている範囲の中で基礎の部分はしっかりと復習しましょう。ただ、テストの出題形式が全くイメージできずになにをすればいいのかわからないという方もいると思います。その場合には、塾によっては入塾テストの過去問をホームページ上に公開している塾もありますので、サイトをチェックしてみてください。もしサイトで公開していない場合には、直接塾に問い合わせることをおすすめします。過去のテスト用紙はもらえないかもしれませんが、対策用のプリント用紙を手配してもらえることがあります。

また、入塾テストは出題数も多く制限時間もありますので効率良く解くためのテクニックも必要となります。具体的には時間配分を意識する、記述ミスや計算ミスなどのケアレスミスを無くす、時間がかかりそうな問題は飛ばすなどです。テスト本番で実力を発揮できるようにこれらのことを意識しながら対策するといいでしょう。

入塾テストの再試験の回数に上限を設けている塾もありますが、一般的には入塾テストに落ちても何度も受けなおすことができます。そのため一度落ちてしまったからといって入塾できなくなる訳ではありませんので、一度目は落ちてもいいくらいの気持ちで余裕をもって受けてみましょう。

入塾テストの対策方法とは?

入塾テストを受ける上での注意点について

人気のある進学塾ほど入塾テストの難易度は高くなりますが、最近では、進学塾の入塾テストのために家庭教師をつけて対策している家庭もあるようです。しかし、塾は入塾テストよりも入塾した後のほうが大変です。無理に背伸びをして入塾してしまうと入塾後に挫折してしまう可能性もありますので、今の実力に合った塾を選ぶようにしましょう。

また、学年が上がるほど入塾テストの難易度が上がりますので注意が必要です。例えば中学受験の場合には、4年生までの入塾テストが国語・算数の二科目に対して、5年生からは国語・算数に理科・社会も加えた4教科となります。

それではどうしても通わせたい進学塾がある場合には、いつから通わせればいいのでしょうか?方法の一つとして、低学年から通わせるというやり方があるようです。低学年であれば入塾テストの難易度や競争が低いので、金銭面での余裕があるようでしたら検討してみてもいいでしょう。

入塾テストを受ける上での注意点について

さいごに

大手進学塾を中心に12月から1月にかけて新年度向けの入塾テストが実施され、2月から授業が開始されます。人気のある塾に通いたい場合にはまず入塾テストに合格する必要がありますので、入塾テストで実力を出せるように少しでも参考になれば幸いです。