塾の冬期講習は「チラシ」で選んでも大丈夫? | 子供の塾選びをサポート【塾シル】

Banner 0130

塾探しのお役立ち情報

塾の冬期講習は「チラシ」で選んでも大丈夫?

公開日:2018年08月27日  更新日:2018年08月27日
111 1

多くの塾では11月から12月中旬にかけて冬期講習の説明会が行われます。そのため説明会に合わせてこの時期は近隣の塾から多くのチラシが届きます。

お子さんが中学2年生や高校2年生の場合には、冬期講習を機に塾へ通わせることを検討しているご家庭も多くあると思いますが、チラシで塾を選ぶことの注意点とはどういったものがあるのでしょうか。

このページではチラシだけで塾の冬期講習を選ぶことの注意点やおすすめの塾の探し方を解説します。

冬期講習のチラシの特徴について

塾が特に力を入れて集客を行うのが夏の夏期講習と冬の冬期講習になります。そのためこの時期は新聞の折込みチラシやポスティングチラシで多くの塾の冬期講習の案内を目にする機会がありますよね。

冬期講習のチラシの特徴として「申し込み特典」と「プログラム内容」が簡潔にわかりやすく記載されていますので、気になる塾がない場合にはチラシだけで塾を選ぶ方もいると思います。ただし一度塾へ通ってしまうと、よほどの理由がない限り受験まではその塾でお世話になることになりますので、塾選びで失敗しないためにはチラシだけで塾を選ぶという方法はあまりおすすめできません。

それでは塾を選ぶ上でのポイントとはどういったものがあるのでしょうか。続いてみていきましょう。

111 2

塾を選ぶ上でのポイントとは?

まずお子さんの学力や志望校のレベルに合った「授業形式」を選択することが大切です。最近では個別指導塾が増えていますが、10人以下の生徒を対象とした少人数制の集団指導を行っている塾も多くあります。また、個別指導といっても講師とマンツーマン形式なのか、または生徒3人~5人が対象なのかによっても直接指導を受けられる時間は大きく異なります。その授業形式で満足のいく指導は受けられそうかは慎重に判断しましょう。

また、塾へ要望したいことが検討している塾で対応可能かどうかを事前に把握することも大切といえます。たとえば、「1科目から授業を受けられるか」「曜日・時間帯が指定できるか」「自習室があるか」などが挙げられます。

そして検討している塾の塾長や講師は信頼ができそうか、お子さんを安心して通わせることができそうかといったことを知るためにも、入塾前の検討段階で実際に塾へ足を運ぶことが重要です。

111 3

おすすめの塾の選び方

しかし授業形式や塾の特徴、塾長の想いや人柄はチラシだけではわかりません。そのため納得のいく塾選びをするためには、塾選びで大切にしたいことを整理して明確にした上で、塾のポータルサイトやホームページから情報を収集して比較検討することをおすすめします。

比較検討をした上で、気になった塾へ面談体験授業を申し込むようにしましょう。塾によって授業の雰囲気や指導方法は大きく異なりますので、実際に足を運んで体感した上で入塾の判断をすることで塾選びの失敗のリスクを軽減することができます。

また、塾選びにおいて授業料を重視しているご家庭では、面談の際に必ず今から通って受験までにかかる総額の費用を確認するようにしましょう。塾では月々の授業料のほかにも、教材費やテスト費、夏期講習などの季節講習費が別に必要となります。そのため入塾後に揉めることのないよう入塾前に事前に確認してください。

111 4

さいごに

冬期講習のチラシには塾によって様々な特典が載っていますので、特典内容が充実している塾を検討してしまう気持ちはわかります。しかし、必ずしも特典が充実している塾がお子さんに合う塾ではありません。受験までお世話になる前提なのであれば、特典よりもその塾がお子さんに合うかどうかが重要となります。是非参考になれば幸いです。

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索