2020年度から小学校で『プログラミング教育』が必修化。その内容とは?

新型コロナウイルスに対する各塾対応について
政府より新型コロナウイルス感染予防のため学校休校の要請がありました。それに伴い各塾が独自に対応を講じております。詳しくは各教室のお知らせをご覧ください。

塾探しのお役立ち情報

2020年度から小学校で『プログラミング教育』が必修化。その内容とは?

公開日:2018年02月02日  更新日:2018年12月27日
11 1

2020年度からプログラミング教育が必修化されますが、みなさんは授業内容をご存知でしょうか。また、小学校の先生にプログラミングを教えることなんてできるの?と不安に思うかたもいますよね。

このページではプログラミング教育が必修化された背景や授業内容、現在の問題点などを解説していきます

プログラミング教育の必修化の背景とは

まずプログラミング教育が必修化されたその背景を解説しましょう。

理由はいくつかありますが、理由のひとつとして挙げられるのが政府が人工知能(AI)を駆使した「第4次産業革命」の実現に取り組んでいるためです。第4次産業革命とはAIなどの技術を使って製造業の作業効率を最大化しようというものです。具体的にはこれまで人間が作業していた部分をロボットで自動化したり、モノがインターネットに接続してデータを収集したり必要に応じてアクションを実行するなどして、さらに現場の生産性を上げていこうとしているんですね。

そのなかで今後さらに人工知能(AI)などを代表する情報技術が進化していきます。情報技術によって作られていく社会の中でプログラミングの知識も必要になりますし、このさき変化の激しい将来に向かって子どもたちには情報を読み解く力論理的思考力などの能力が大切となります。そのためそれらの能力を身に付けるためにプログラミング教育が生まれました。

11 2

プログラミング教育の具体的な授業内容

プログラミングは必修化されますが「プログラミング」という科目が追加される訳ではありません

すでにある科目に「プログラミング的思考」を追加してプログラミング教育が行われるようになります。ん?プログラミング的思考ってなに?と思われるかたもいると思います。プログラミング的思考の説明は少々難しいですが、簡単にまとめると「自分が意図する活動を実現するために、どのような組み合わせが必要か?どの組み合わせを改善すれば目的に近づくか?ということを論理的に考えられる力」を指します。

それでは授業内容は具体的にどのようなものなのでしょうか。実は具体的な授業の内容は決まっていません。学校によって独自で決めていいとされていますので地域によって授業内容が異なりますが、「プログラミング的思考」を既存の科目に取り入れるとされてますので、ここではいくつか事例をご紹介します。

11 3

総合的な学習
→普段の生活とプログラミングの関係を考えて良さに気づく学び

理科
→電化製品に利用されているプログラムがどのような条件に応じて動作しているのかを気付く学び

算数
→図の作成においてプログラミングを体験しながら、数学的思考やプログラミング的思考の関係やよさに気づく学び

音楽
→音楽用のICTツールを用いて、音の高さや長さの組み合わせを試行錯誤して音楽を作る学び など

11 4

指導人材の教育・確保が必要

2020年度から小学校で『プログラミング教育』が必修化されることを前にして、現場では指導をおこなう人から不安の声が上がっているのが実情です

プログラミング教育の授業はだれが担当するのでしょうか。それは担任の先生となります。小学校は学級担任制なのでひとりですべての教科を教えなければいけません。しかもプログラミング教育では教師側に高度な知識やスキルが必要とされますので、研修を通して指導スキルを身に付けていかなければいけません。

ただでさえ小学校の先生は過酷な労働を強いられている状況の中でさらに業務が増えるのですから大変といえます。その負担を小学校の先生にだけ負わせることが酷なことですので、企業や大学、専門家との協力情報系の教員免許をもつ教員の増員などを実施し、指導人材の教育や確保をおこなうことがプログラミング教育の成功に必須でしょう。

11 5

さいごに

英語教育がかわったことで英会話教室が増えましたが、これから先はプログラミング教室に通う子どもが増えていくことが予想されます。塾シルでも「もののしくみ研究室」を代表としたプログラミング講座を抱えている教室が掲載されておりますので、この機会に検索されてはいかがでしょうか。

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索