志望校に合格するための夏休みの過ごし方とは? | 子供の塾選びをサポート【塾シル】

Banner 1213

塾探しのお役立ち情報

志望校に合格するための夏休みの過ごし方とは?

公開日:2018年08月07日  更新日:2018年08月07日
109 1

2018年の夏休みも約2週間が過ぎましたが、受験生のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

塾の夏期講習のカリキュラムを利用して順調に勉強が進められている生徒もいる一方で、スタートダッシュに失敗してダラダラと日々を過ごしてしまっている生徒もいるのではないでしょうか。

そのためこのページでは、中学受験生から大学受験生までのそれぞれのおすすめの夏休みの過ごし方から、中盤からの勉強の挽回方法を解説します。

中学受験生のおすすめの夏休みの過ごし方について

中学受験生の場合はほとんどの生徒が進学塾の夏期講習を利用していると思いますが、夏期講習の授業に休まず参加をし、自習室や家庭で授業の予習/復習をしていれば問題ないといえます。

一方で、苦手科目がある場合はどうすればいいでしょうか。進学塾における中学受験のカリキュラムは一般的に夏までで設計がされていますので、夏には中学受験勉強のすべてのカリキュラムが完了することになります。そのため、小学6年生の夏休みは科目ごとの得意/不得意を整理し、苦手科目は時間をかけて克服する絶好のチャンスですので苦手科目の復習を通して基礎を固めることをおすすめします。

また、苦手意識が特に強く進学塾の授業や親御さんのフォローだけでは克服が難しい科目がある場合には完全個別指導の塾の併用も検討しましょう。

109 2

高校受験生のおすすめの夏休みの過ごし方について

高校受験生の夏休みは中1・中2の授業範囲の復習を徹底的にすることをおすすめします。それはなぜでしょうか。

高校受験の場合、試験範囲は中1から中3までの範囲で出題がされます。そのため試験範囲の中で中1と中2の授業の内容が占める割合は約7割(67%)となるのです。そのため夏休み以降は過去の総復習のためにじっくりと取り組める時間はなく、この夏休みこそが中1・中2の総復習をする最後のチャンスとなりますので、夏休みの時間を使って過去の総復習や苦手科目の克服に取り組みましょう。

また、この時期に過去問集に手を出す生徒もいますが、特別な理由がない限りは夏休みの段階で過去問集を取り組む必要はありません。特に英語や数学は知識を積み上げていく科目で、中1・中2で習っていた内容を改めて理解して知識を定着することが大切となりますので、夏休みは復習に時間を使いましょう。過去問集は秋以降から取り組んでも十分間に合います。

109 3

大学受験生のおすすめの夏休みの過ごし方について

現役合格を目指す大学受験生にとっての夏休みは、入試に向けたベースを作るための大切な勉強期間となります。

ただ大学受験の場合、志望校によって入試科目が異なり試験範囲も膨大なため受験勉強は大変ですよね。そこで夏休みの勉強法としておすすめなのが1科目につき1冊の過去問集を繰り返し解くという勉強法です。膨大な試験範囲の大学入試を乗り切るためには、「どの範囲の問題が出題されやすいのか」や「どういった問題の配点が高いのか」といったことを理解し、限られた時間の中で効率良く学習を進めることが大切となります。

そのため、志望校の入試レベルや出題範囲、配点の割合を知るためには過去問集を解くことが最も効率が良いのです。中には複数の過去問集を一度に購入して勉強をし始める生徒もいますが、複数の過去問集を同時に取り掛かる勉強法はあまりおすすめできません。知識を定着させるためには繰り返し解くことが大切となりますので、1冊の過去問集を繰り返し解くことによって傾向を把握しつつ知識を定着するようにしましょう。

109 4

夏休みの勉強がうまくいっていない生徒の場合

夏休みにはいってから思うように勉強が進んでいない生徒に向けて、夏休み後半戦へ向けての挽回法をご紹介します。

夏休みも残り約3週間ですが、勉強の質と効率を上げることで十分挽回はできますのでご安心ください。おすすめの勉強法は大学受験でも触れましたが、1科目につき1冊の過去問集や参考書を繰り返し解くという勉強法です。入試に必要な範囲を学びながら繰り返し解くことで知識の定着化も図れるため効率良く学習を進めることができます。ただし過去問集や参考書の質が大切となりますので実績のある書籍を購入しましょう。

また、入試に向けて勉強をすることへの動機を持つことも大切となります。夏休みに入ってから勉強が思うように進められなかった理由の一つに、勉強することへのモチベーションや動機がなかったことが挙げられると思います。そのため夏休みの間にいくつかの興味のある学校の説明会に参加して志望校を持つことをおすすめします。志望校を持つことが勉強することへの動機付けへと繋がりますので、是非実際に学校へ足を運んでみましょう。

109 5

さいごに

どうしても自分で学習計画を立てることができなかったり、参考書や過去問集の内容が全く分からない場合にはどうすればいいでしょうか。その場合には、完全個別指導形式の塾へ学習相談をすることをおすすめします。完全個別指導であればマンツーマンで指導を受けることができますので、今の学力や理解度に応じてきめ細かく指導を受けることができます。是非ご検討ください。

資料請求(24時間受付・無料)
お近くの塾を探す優良な塾を厳選して掲載

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索