学校の宿題と塾の宿題って両立できる?宿題の量が多いときの対処方法とは | 子供の塾選びをサポート【塾シル】

Banner 0130

塾探しのお役立ち情報

学校の宿題と塾の宿題って両立できる?宿題の量が多いときの対処方法とは

公開日:2018年08月02日  更新日:2018年08月02日
107 1

中学受験を控えたお子さんを持つご家庭では、学校と塾の宿題の両立に悩みを抱えている方も多くいるのではないでしょうか。

特に小学6年生の場合では、夏から入試にかけてさらに塾の授業時間は増えていきますので入試まで日に日に負担は増えていきます。

そのためこのページでは宿題の量によって学校と塾の両立が難しい場合の対処方法を解説します。

学校と塾の宿題の両立について

保護者の中には小学校の宿題ってそんなに多いの?と思う方もいると思いますが、学習指導要綱の改定に伴い近年では小学校の宿題量は昔と比べると大きく増加しています。また、塾によっては宿題の量が多い塾もありますので、学校と塾の宿題の両立は中学受験生にとっては課題のひとつといえます。

そのため宿題の量の多さによってお子さんの日常生活に支障が出ているようでしたら、まずは塾の担当講師へ宿題について相談してみましょう。よくある解決策としては、宿題を分類分けしてもらうというやり方です。宿題を、「分類A:必ずやらないといけないもの」「分類B:時間があればやってほしいもの」などに分類をしてもらって塾の宿題の量を減らしてもらいましょう。

またお子さん自身が効率性や時間への意識を持つことも私立難関校に合格するためには必要な能力となります。量を減らすための取り組みも大切ですが、1日の時間は限られていますのでどうすれば早く終わらせることができるのかを考えたり時間の使い方を工夫することも大切となります。

107 2

夏休みの学校の宿題について

それでは夏休みの学校の宿題はどのように進めればいいのでしょうか。

中学受験において夏休みは志望校の入試対策や苦手科目の克服などを重点的に行うことができる大切な期間となりますので、小学校の宿題は夏期講習が始まる前に終わらせることをおすすめします。ドリルなどで宿題の量が多い小学校もあるようですが、おおよそ3日~5日あれば終わらせることができるでしょう。

また、頭を悩ませるのが「自由研究」ですよね。ただ自由研究も上手に活用することで中学受験に役立つことができます。これは保護者の方のフォローも必要となりますが、自由研究の題材を中学受験の勉強に紐づけるというものです。研究テーマを社会や理科の内容と紐づけてみることで、受験勉強とは違った視点で学びを掘り下げることができ、これまで以上にその科目へ興味関心を持つことへと繋げることができます。是非試してみてください。

107 3

どうしても両立が難しいときは

なかにはどうしても学校と塾の宿題の両立が難しいという状況のご家庭もあると思います。ここではその際の対処方法を解説します。

学校の宿題の量で問題を抱えている場合には、学校の先生に相談をしましょう。中学受験への理解のある担任の先生であればある程度の免除をしてくれるケースもあります。ただし首都圏のように学校内の中学受験の割合が一定数ある小学校であれば理解のある先生も多いようですが、そうではない地域では融通を利かせてくれない先生もいるようです。そのような場合には学年主任など、他の先生へ相談するという行動力が大切となります。

また、塾の宿題の量が多い場合にはどうすればいいでしょうか。先ほどご紹介したように塾の宿題を分類分けしてもらうというやり方もありますが、受講している講座数を減らしてみるということも検討してみましょう。本当にその講座はとっていて意味はあるのか、志望校合格のために必要なのかといったことを一度立ち止まってお子さんのために考えてみることをおすすめします。

107 4

さいごに

受験生の中には塾や学校の宿題をこなすために、ご飯の時間や睡眠の時間を削ってまで勉強をしているようなケースもあるようです。ただ入試まで長い時間がありますし、小学6年生という成長期にこのような無理をすることは健康面でおすすめできません。もし宿題の量によって生活に支障が出ているのであれば、早めに塾や学校に相談をして状況を改善いただければと思います。参考になれば幸いです。

さっそく、教室を検索してみましょう!

路線や市区町村から検索