成基学園の塾情報

春期講習受付中
新型コロナウイルスに対する各塾対応について
各塾が独自に対応を講じております。詳しくは各教室のお知らせをご覧ください。

成基学園

進学塾であり、人間塾である
教室の住所や料金を知りたい方はこちら
対象学年 新小1~新小6 新中1~新中3 新高3
授業形式 集団指導(多人数制) 映像授業
塾のタイプ 進学塾 補習塾 総合学習塾 大手塾
塾の特徴 1科目から受講できる 中学受験に対応している 英語教育に力を入れている 理科実験に力を入れている 自習室がある 教室設備がきれい 定期的な面談がある 入退室管理システムがある
Down button
教室の住所や料金を知りたい方はこちら

こんな方におすすめ!

  • 京都・滋賀・大阪・兵庫の難関中高対策を希望される方
  • 京都・滋賀の公立中高一貫校受験対策を希望される方
  • 計画的な自立学習の定着を希望される方

「こうなりたい」と願う気持ちを育てる。「志共育」で自分の人生にビジョンを持つ。

「志共育」とは?

勉強の真の目的は、良い点数をとることでしょうか。それとも受験に合格することでしょうか。もちろん、成績向上や志望校合格は大切です。しかし、私たち成基は、勉強は目的ではなく、“志”を実現させるための手段であると考えています。

夢が個人的な未来への願望であるのに対して、志は個人の願望を超えた未来への挑戦。「将来、どんな自分になって、どのようなことを成し遂げたいか」という志を見つけ、その実現に向けて主体的に学び続けられる指導。それこそが私たちが大切に実践し続ける“志共育”です。

成基学園

これからの大学入試では「志」や「主体性」が求められる

これからの大学入試は、「お互いの志をマッチングさせる入試」=「相互意志確認型入試」 であると言えます。

高校生の「志」
・私は将来こんなことをして、社会に貢献したい。
・そのためにこの大学でこんなことを学びたい。

大学の「志」
・こんな学生に来て欲しくて、こんな教育をして、こんな人財に育成して、社会に輩出したい。
・それにより社会に貢献していきたい。

これからの大学入試では「志」や「主体性」が求められる

「志共育」を体験してみませんか?〜やる気、本気アップ講座〜

子どもたちひとりひとりの「志」を明確化することで、目的意識や学習意欲は高まります。「やる気、本気アップ講座」ではマンガテキストを使って、自分の志を言葉にすることで楽しみながらわかりやすく明確にしていくことができます。

テキストを導入した「合格達成セミナー合宿」参加者は中学入試で全員合格(2017~2018年度)

「志共育」を体験してみませんか?〜やる気、本気アップ講座〜

自分で未来を切り拓く。主体性を育てる「教育コーチング」

これからの教育は「主体的・対話的で深い学び」へ

偏差値重視の教育価値観、知識偏重の入試制度、学歴・学校歴重視の就職事情・・・諸外国から「ガラパゴス」と称されることすらあった日本の教育は、変化のときを迎えています。これまでの一方向的な講義形式の学びから、子どもたちの「主体的・対話的で深い学び」への変化です。

成基学園では「教育コーチング」という手法を通して、新しい時代を生きるために必要な知識・技能や主体性・リーダーシップ、創造力、イノベーションの力、豊かな感性、コミュニケーション力といった能力資質を育む教育を目指しています。

自分で未来を切り拓く。主体性を育てる「教育コーチング」

成基学園のメンターが実践する「教育コーチング」とは?

「教育コーチング」とは子どもたちのやる気や能力を引き出すための最先端の教育コミュニケーションメソッドです。

成基学園では、全てのメンター(講師)が教育コーチングを学び、「伸びようとする気持ち」や「無限の能力」を引き出すことを第一に考え、アクティブラーニング型授業で指導をしています。

成基学園のメンターが実践する「教育コーチング」とは?

「メンター」って?
成基学園の「講師」が担っている役割や使命は教科指導だけではありません。塾生達が

・自ら学習意欲を高める
・自らやるべきことを自覚する
・自ら行動できる

ために、あらゆるサポートをしています。それは通常の「講師」の仕事を大きく超えており、成基学園ではその職種を「メンター」と呼んでいます。授業品質、問題解決能力、コーチング能力を兼ね備え、教育者としての資質審査などに合格しなければメンターにはなれません。

これからの大学入試では「志」や「主体性」が求められる_5

子どもたちの主体性を育む「教育コーチング」のサイクル

成基学園では「教育コーチング」という手法を通して、新しい時代を生きるために必要な知識・技能や主体性・リーダーシップ、創造力、イノベーションの力、豊かな感性、コミュニケーション力といった能力資質を育む教育を目指しています。

1. 傾聴
子どもたちの話を聞くときは、正しいか間違っているかなどの「判断」をせずに、まずは心の声に耳を傾けます。話している最中の呼吸や沈黙もコミュニケーションのひとつとして逃さない。それが「傾聴」です。

子どもたちの主体性を育む「教育コーチング」のサイクル

2. 承認
「承認」とはありのまま事実を事実として受け入れる技術です。「結果に関わらず」「ありのまま」認めることで子どもたちの自己承認を促すことができます。

3. 質問
「質問」とは、子どもたちに主体的に答えを見出してもらうために、自分の考えをまとめて整理しやすくする問いかけの技術です。答えに誘導したり選択肢を限定せずに、子どもたちののびのびとした前向きな心を育てることができます

これからの大学入試では「志」や「主体性」が求められる_7

塾の「品質」は「人の質」で決まる。「品質」を高く維持するために私たちができること。

メンター陣の高品質な指導を維持・発展させていく仕組みとして、年2回、塾生対象に「授業アンケート」を実施しています。塾生の直接評価で規定以上の点数が得られなければ、教壇に立ち続けることができなくなります。

メンターたちは各種研修を通して、常に今以上の指導を目指し、研鑽を重ねています。

塾の「品質」は「人の質」で決まる。「品質」を高く維持するために私たちができること。

成基の教育コーチングをベースとしたアクティブラーニング型授業

6つの特徴

・生徒が主体的に発言する活発な授業
・生徒の発言の積み重ねにより正解に到達する
・自分たちで正解に到達できた感動を共有
・感動が理解に、理解がモチベーションに
・メンター(講師)は授業における「レシーバー役」
・授業の主役は生徒。生徒同士で学び合う

成基の教育コーチングをベースとしたアクティブラーニング型授業

受験を「成功体験」にするために。確実な成長を促す「PDCAサイクル」

成基の学習システムは計画→実行→分析→改善のPDCAサイクルに基づいています。

成基学園の学習システムは、予習→授業→復習の単純な反復ではなく、自分で学習計画を立て(Plan)、実行し(Do)、実績を振り返り(Check)、改善する(Action)PDCAサイクルをベースとして設計されています。

計画して実行するだけでは、自分自身で設定した学習計画に追い詰められて未達が続いてしまい、「自分はちゃんとできない」と結果的に自信を失ってしまうこともありますが、分析と改善を含めてサイクルを回すことで、自分自身にとってもっとも効率の良い学習計画で、力を身につけ、自信へとつなげることができます

受験を「成功体験」にするために。確実な成長を促す「PDCAサイクル」

充実・安心のサポート

学生の方も、保護者の方にも安心して学習いただくための体制を整えています。

充実した入試情報
第一志望合格実現のための確かな最新データと徹底分析をご提供いたします。

保護者サポート
保護者様の不安を取り除く、数々のサポートをご用意しております。

安全への取り組み
お子さんと保護者の方に、揺るぎない安心・安全・信頼をご提供いたします。

充実・安心のサポート

入塾テスト

入塾資格をとっていただく方法は以下のとおりです。

①未来への準備診断会:毎年3月、7月、11~2月に実施
②成基オープンテストおよび各種模試 ※一部、対象外の模試があります。
③平日テスト:途中入塾を希望される方に対し、個別で設定いたします。
④各期講習会最終日テスト:講習会指導内容の理解を確認するテストを受験いただきます。

入塾テスト
お近くの"成基学園"の教室をお探しならこちらから
検索するお近くの教室を探す