研伸館(中学生課程)の塾情報

Banner 1213

研伸館(中学生課程)

教室の住所や料金を知りたい方はこちら
対象学年 新中1~新中3
授業形式 集団指導(多人数制) 集団指導(少人数制) 映像授業
塾のタイプ 進学塾 大手塾
塾の特徴 1科目から受講できる 英語教育に力を入れている 自習室がある 教室設備がきれい オリジナルテキストを使用
Down button
教室の住所や料金を知りたい方はこちら

「学校+研伸館」ではなく、「学校×研伸館」。その点が、他の塾・予備校と決定的に違います。

学習の基本は、学ばなければならないものを学び、学んで身につけたかを試し、必要なレベルに達するまでトレーニングを積み、自力で問題の解答ができるようになることです。言いかえると、適切な教材での「導入」→「例題」→「問題演習」→「定着」ということ。したがって、塾・予備校はまず教材が優れていることが必要条件になります。

さらに、優れた講師、切磋琢磨できるライバルや学習環境で「身につけるべきことを確実に身につけられる」というのが十分条件でしょう。

50426

研伸館における学習の基本はもちろん上述したことをふまえています。ただ、研伸館が目指している到達点は別の次元にあります。科目の違いや文系理系の違いという表面的なところではなく、根幹の部分での頭の働かせ方、知恵の絞り方、生きる力、地頭力、それらを磨く場所が研伸館ということになるでしょう。

試験場では筆記用具と自分の頭だけで勝負し、長い人生、自分のチカラで豊かな生涯を切り開いていく。そんな人材に育ってほしいという願いが、研伸館の根底にはあります。

50416

研伸館の授業は、1歩先を見据えています。

研伸館で学校より少し速いカリキュラムで学習を進めていくことは、生徒たちに2本のレールを強いることになり負担になると思われるかもしれません。しかし、学校の授業とかけ離れたスピードで闇雲に突っ走ることはしません。学校より1歩先取りした授業を行っていきます。実際にその効果として生徒たちからは、「学校での学習がラクになった」、「学校で習った時にさらに理解が深まった」、「定期考査では研伸館で解いた問題が出た」といった声が聞かれます。

ほどよい速度で進んだカリキュラムで学習することで学校での勉強にも余裕が生まれ、このサイクルがうまく回りだすと、「学校+研伸館」ではなく、 「学校×研伸館」というひとつの大きなベクトルとなり、難関大学現役合格との距離も縮まってきます。

0627

学校よりかなり速い進度のカリキュラムに対応していくことも可能です。

学校のカリキュラムがゆっくりなので、研伸館についていけるか不安という声をいただくことがあります。

例えば、3年間で学校より約1年分先に進むクラスで学習することは決して無理ではありません。その流れで学習する最適な方法は、中学1年生のスタート時からそのカリキュラムで進めていくことです。最初からその進度で1週間の学習サイクルが掴めると、速いという感覚はあまりなく、ついていくことができます。

Pixta 31431254 m

学習進度だけでなく、いつも「難しすぎず、易しすぎない」クラスで勉強してもらいます。

認知心理学者ミハイ・チクセントミハイ氏は『フローの理論』を提唱し、「人は、難しすぎず、易しすぎず、“最適”な課題を解決しようとする中で、自ら考える楽しさを感じ、感情的にも満たされ、好奇心や探求心とともに、驚くほどの集中力を見せる[没頭状態:フローの状態]」と説いています。

研伸館中学生課程では、各学校の学習進度や内容を長年にわたって研究し、さらに、各校舎・各講座・各教科・各クラスの一人ひとりの状況を見て、その時々に常に最適な課題を提示し続け、「もっと知りたい」「もっと問題を解きたい」という意欲をかきたてていきます。

Pixta 30308527 m

進度やレベルに応じた独自のクラス設定も行っていますので、能力が開花し、より深く、より難しい問題を解決する意欲や学力が生まれた時期に、上位クラスへの進級という飛躍のチャンスも訪れます。

中学生時代に知見を深め、広めることで、大学入試への伸びしろが大きくなると言えるのです。

Pixta 38639177 m

脳科学に基づいて、知識を確実に定着させるためのプログラムを設定しています。

人間の記憶(知識の定着)には脳科学的に以下のことが重要とされています。

〈適切なタイミングでの反復(再現)〉
〈アウトプット(出力)の機会〉


そこで、研伸館中学生課程では、

Pixta 29931508 m

①授業:授業内での重要事項の繰り返しとまとめ
②復習:研伸館自習用教材を使って問題演習や覚え直し
③テスト:毎週のチェックテストでの確認
④復習:学期ごとのマスターテストのための復習
⑤テスト:学期ごとのマスターテストでの総括

さらには、学校での学習との相互作用による相乗効果も重視しています。

Pixta 23463488 m

VOD受講システム

自分で時間を管理して、勉強する時間をつくるための最新のシステムです。全校舎で、西宮校・上本町校・学園前校・京都校の授業を受講できます。

①自分に合ったスケジュールでの受講が可能です。
・VOD受講システムを活用すれば、自分の都合に合わせてスケジュールを組み、受講することが可能です。
・部活で忙しく授業に出られない日があっても、このシステムを活用すれば、必要な授業を全て受けられます。

49623

②自分の理解度に合わせて授業を進められます。
・VODでは、ビデオのように停止や巻き戻しができるため、講師の説明をもう一度聞き直したり、自らの理解速度に合わせて授業を進めたりと、個々の状況に応じた視聴ができます。

③過去の講義をさかのぼって受講することも可能です。
・年度の途中から研伸館に入学したり、講座を途中から受講し始めた場合に、受講していない過去の講義をVODで受講することができる「リカバー受講」が利用できます。
・短期集中で今までの分を速習することも可能で、いつ受講を始めても、過去の内容を補うことができます。

Pixta 23463512 m %281%29

情報の共有化

伝えたい、合格させたい、その思いが結集しています。

・研伸館の講師陣の結束の固さは、プロの専任講師が集まる研伸館ならではの体制から培われたものだと思います。教科の枠を超えて、講師全員が「学ぶ楽しさを伝えたい、生徒全員を合格させたい」という目標に向かって一丸となっています。

・全教科の講師が一人の生徒の成績についてとことん話し合うこともあり、受付スタッフとも情報を共有しています。よく生徒から「研伸館はアットホームだ」という声を耳にしますが、それは、親しみやすさというだけではなく、講師陣・スタッフの一体感と生徒一人ひとりに対する熱意から生まれてくるものかもしれません。

Pixta 34632118 m
お近くの"研伸館(中学生課程)"の教室をお探しならこちらから
検索するお近くの教室を探す